学参ブックス 評判 口コミ

学参ブックスとは

大学受験が終わると、それまで使っていた参考書や赤本、予備校テキストなどが不要になるので処分してしまう方が多いと思います。

 

ただ、今から捨てようと思っている方は少し考え直してください。

 

実は大学受験で使用した参考書や赤本は売ることができます。

 

ただ、売るといってもブックオフのような近所の古本屋で売ってはいけません。

 

おそらく古本屋で査定してもらっても大した金額で買取されないでしょう。

 

ではどこで売れば良いのかというと、受験用の参考書を専門に買取しているサイトです。

 

特におすすめなのが「学参ブックス」です。

 

学参ブックスは受験用の参考書や赤本・予備校テキストなどを専門に買取しているサイトです。

 

20冊以上の買取で送料無料、出版から1年以内の書籍には買取保証があります。

 

ネット買取なら自宅まで集荷に来てくれるので、とても簡単に書籍を売ることができます。

 

査定の依頼は公式サイトから簡単に行えます。

 

>>公式サイトはこちら

 

主に買取している書籍

  • 参考書
  • 予備校テキスト
  • 赤本
  • 大学教科書
  • 医学書
  • 専門書
  • 学術書
  • CD・DVD教材
  • 問題集

学参ブックスの特徴

20冊以上で送料無料

送料は20冊以上まとめて売ると無料になるので、できるだけまとめて売った方がお得です。

 

他にも手数料なども掛からないため、特に宅配買取だからといって費用がかかることはありません。

梱包用段ボール無料プレゼント

一度に大量に本を売る場合段ボールがたくさん必要になりますが、申し込みの際に希望すれば無料で段ボールをプレゼントしてもらえます。

安心の買取価格保証

学参ブックスでは初版から3か月以内で定価の30%、6か月以内で定価の20%、1年以内で定価の15%の買取価格保証があります。
発売から間もない書籍ほど高額買取されやすい傾向があるため、売るなら早めに売る方がお得です。

難関大学の赤本は買取されやすい

東大、京大、早慶などのいわゆる難関大学の赤本は需要も高く高額で買取されるケースが多いです。

 

特に発行年度が新しい赤本はより需要があるため、難関大学を目指していた方は査定に出すのをおすすめします。

 

人気予備校のテキストは買取されやすい

駿台、代ゼミ、河合塾、東進などの大手予備校のテキストは需要が高く買取されやすいです。

 

特に人気講師が使用するテキスト・板書ノート・プリントなどは需要が高いです。

 

これらの予備校に通われていた方は、板書ノートやプリントも捨てずにとっておくようにしましょう。

 

書き込みしてもOK?

一般書籍や問題集、赤本は基本的に書き込みがある場合、買取不可となっています。

 

しかし、発売より10年以上経過していて市場価値の高いもの、90年代の赤本、問題集、参考書などは多少の書き込み、線引きがあっても買取可能です。

 

また予備校テキストなどは逆に書き込みがある方が査定額がアップします。

 

学参ブックスの口コミ

近所の古本屋で買取を断られた参考書をまとめて売却しました。

 

受験用参考書を専門に買取しているだけあって、無事に買取してもらうことができました。

 

査定額は30冊ほど売って5000円ほどだったので、とりあえず満足しています。

受験時代に使用した参考書や予備校テキスト・赤本などが大量に自宅に保管されたままだったので、思い切って全部査定に出しました。

 

とりあえず家の中が綺麗になれば良いと思っていたので買取価格にはあまり期待していませんでしたが、良いお小遣い程度の金額にはなりました。

 

申し込みもネットから簡単にできるので、かなり便利だなと思いました。

ホームページを見ると結構高額買取の実績もあったので、参考書など20点ほどを学参ブックスで査定してもらいました。

 

学参ブックスでは梱包用の段ボールも無料で送付してもらえるので、かなり助かりました。

 

買取金額は思ったほどではありませんでしたが、とりあえず買取してもらえたので満足です。

20冊以上だと送料無料になるらしいので、受験時代に使っていたテキストや赤本、参考書などをまとめて売りに出しました。

 

宅配買取ということで、それほど面倒な手間も掛からず、思っていたよりも簡単に売ることができました。

 

人気のある赤本や参考書などは高額買取してもらいやすいので、そのような書籍を持っている人は査定に出してみると良いと思います。

自宅に放置されていた参考書を引越しを機にまとめて査定に出しました。

 

ネット買取だと自宅まで集荷に来てくれるのでとても便利です。

 

買取金額は予想していた金額より少し高かったので満足です。

大学受験時代に使用していた参考書を売りに出しました。

 

処分できればよかったのであまり金額には期待していませんでしたが、良いお小遣い稼ぎにはなりました。

 

自宅に置いたままになっているぐらいなら売ってお金にした方が良いと思います。

よくある質問

解答の無い予備校テキストも買取可能ですか?

解答、解説がないテキストも買取しています。

 

予備校テキストは解答、解説、板書ノート、付属プリントなどが揃っている方が査定額がアップします。

買取できない商品はどうなりますか?

買取不可の商品についてはこちらで処分可能です。

 

返送を希望される場合、返送料はお客様負担となります。

事前の見積リは可能ですか?

事前の査定金額のお見積りは行っていません。

 

査定を効率化することで、その分買取価格に還元しています。

まとめ

学参ブックスは受験用参考書・赤本・予備校テキストなどを専門としているため、ブックオフなどで買取不可だった本でも学参ブックスなら買取してもらえる可能性があります。

 

基本的に古本屋では参考書の買取はあまり高額買取は期待できません。

 

中には参考書や赤本の買取を断られるケースもあるため、受験用参考書を専門に買取している学参ブックスのようなサイトに売るのがおすすめです。

 

学参ブックスでは定期的に買取価格アップキャンペーンも実施しているので、自宅に不要な参考書がある方はぜひ査定に出してみてください。

 

>>公式サイトはこちら